LEC東京リーガルマインド

お問合せ・よくある質問

FAQ

よくある質問

No.626086 日付:16-09-23
タイトル(要点) 受験資格とは?
本文
受験資格とは?
カテゴリー 資格・講座について>税理士>資格について

回答

本文
 税理士試験を受験するには、下記の受験資格のいずれかに該当する必要があります。

 ・大学または短大を卒業された方で、法律学または経済学に関する科目を1科目以上履修している。
 ・大学3年次以上で、法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得している。
 ・日商簿記1級(正式名:日本商工会議所主催簿記検定試験1級)に合格している。
 ・全経簿記上級(正式名:社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級)に合格している。
 ・法人又は事業を営む個人の会計に関する事務(※1)に2年以上(※2)従事した者。
 ・銀行、信託会社、保険会社等において、資金の貸付け・運用に関する事務に2年以上(※2)従事した者。
 ・税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助事務に2年以上(※2)従事した者。

  ※1 複式簿記による仕訳、決算、財務諸表作成事務等をいいます。
  ※2 異なる勤務先等の職歴は、通算して2年以上となれば受験資格があります。

 受験資格には、上記の他にも様々なものがあります。また、出願にあたっては受験資格を証明する書類の提出も必要です。

 詳細は、国税庁ホームページまたは国税庁内国税審議会税理士分科会(03-3581-4161)にお問合せ下さい。

⇒ 国税庁ホームページ

ページ最上部へ