LEC東京リーガルマインド

お問合せ・よくある質問

FAQ

よくある質問

No.492419 日付:08-03-11
タイトル(要点) 【宅建】どの科目から勉強をはじめればいいですか?
本文
スーパー合格講座の受講を考えています。まだ、通学か通信かは決めてはいませんが、どの科目から勉強をはじめればいいですか?
カテゴリー 資格・講座について>宅建>勉強方法

回答

本文
●効果的な学習順序についてスーパー合格講座は,各科目ごとにそれぞれ開講していきますので,「権利関係」から始められる方もいれば,「宅建業法」や「法令上の制限,税・その他」の科目から始められる方もいらっしゃいます。したがいまして,合格を目指す上で,特に勉強する科目の順序を気にする必要はありません。ただ,一般的に言いまして「権利関係」の科目は時間がかかりますので,なるべく早めに始められたほうがよいでしょう。また,「宅建業法」は「権利関係(特に民法)」の理解があるとわかりやすいところもありますので,一通り「権利関係」を勉強してからのほうがよいかもしれませんが,先に「宅建業法」から始められても,後で「権利関係」を勉強したときに,再度「宅建業法」で勉強したことを確認していただければよいので,それでも問題はありません。また,「法令上の制限,税・その他」の科目は,他の科目との関連性はあまりないので,いつ勉強されても構いません。ただ,この科目は,数字など覚えることが多いので,覚えるためには,何度も繰り返して記憶に定着させなければならないという面があります。いずれにしても,試験日から逆算して,7月中か,遅くとも8月中には全科目を一通り終わらせておく必要がありますので,どの科目から始めるにしても,合格に必要な基本的な知識を確実に身に付けるということを第一に考えて勉強してください。そして,そのためには,過去問題(ウォーク問)を繰り返し解くのが最も効率的ですし,また必要不可欠です。例年,合格者は最低でも3〜4回,多い方は7〜8回以上も過去問題を解いているということを知っておいてください。

ページ最上部へ