LEC東京リーガルマインド

お問合せ・よくある質問

FAQ

よくある質問

No.10978 日付:18-09-13
タイトル(要点) 大学を卒業しないと、会計士として将来的に不利になりますか
本文
現在某国立大学の3年なのですが、勉強に専念するため、また経済的理由から大学を辞めようかどうか迷っています。やはり大学卒業というのは、公認会計士という資格であっても大事なのでしょうか?また、大学を卒業していないことで、将来的に不利になるようなことはあるのでしょうか?
カテゴリー 資格・講座について>公認会計士>資格について

回答

本文
私は監査法人に勤務していましたが、公認会計士試験に合格していれば、将来監査法人等で働く際、 『どこの大学か』・『大学を卒業しているか』で不利になることは特にないように思いました。 監査法人も現在人材不足のため、大学を卒業していないことで就職活動に影響することはこれから 数年はないでしょう。ただ、それは会計士試験に合格することが前提です。一般の企業においては やはり最終学歴は一つの採用判断要因となることが多いです。 公認会計士試験は難関試験のため、必ず合格できるとは限りません。『会計士試験勉強に専念する』・ 『経済的な理由』ということなので、その点は慎重に判断いただく必要があると思います。

ページ最上部へ